占いの基礎知識

占いの分類(命・卜・相)について。占う内容で使い分けるのがベター

占い命卜相の意味とは

こんにちは!ルーシー@LucyOno_ftです。

最近、私のまわりで「占いに興味があって始めてみたい」という声をよく聞きます。でもひとくちに占いと言っても、いろんな種類があるのをご存知ですか?

  • タロット占い
  • 手相占い
  • 星座占い

などはあなたも耳にしたことがあると思います。世界中には数多くの占い方法が存在していますが、それらは大きく3つに分類することができるんです。

あなたがこれから占いを始めてみようと考えているのなら、占う内容によって適した占いの方法があるということは知っておいたほうが良いでしょう。

もしすでに「タロットカードに興味がある!」「西洋占星術ってなんだろう?」と興味の対象がハッキリしている場合でも、占いの基本的な知識として覚えておいて損はありません。

 

占いの分類:命・卜・相(めい・ぼく・そう)

占いというのは「(めい)」「(ぼく)」「(そう)」の3つに分類することができます。

これは中国五術の「命・卜・相・医・山(めいぼくそういざん)」という考え方に由来しています。
このような分類のほかにも「東洋の占いか」「西洋の占いか」といった分け方をすることもできます。

それぞれ性質が異なるので、占う内容によって使い分けたり、複合的に使えるようになると占いの精度がグッと上がってきます。

それでは「命・卜・相」がどのような性質を持っているのか見ていきましょう。

 

「命(めい)」誕生日などを使って運命や宿命を占うもの

命術(めいじゅつ)、命占(めいせん)と呼ばれています。

生年月日や出生地・出生時間といった生まれてから死ぬまで変わることのない情報を使って占う方法です。その人が生まれ持った才能や性質、人生の大きな流れ、傾向などを占うのに適しているとされています。

  • 四柱推命
  • 西洋占星術
  • 数秘術
  • 算命学 など

動物占い誕生日占いも「命術」に含まれます。

 

「卜(ぼく)」タロットなど偶然の要素を使って占うもの

卜術(ぼくじゅつ)、卜占(ぼくせん)と呼ばれています。

すべての事柄には意味がある“という考えの元、偶然あらわれたシンボルや結果をシンクロニシティさせて占う方法です。日々変化していく状況や近い未来などを占うのに適しています。

  • タロットなどのカード占い
  • コインやダイスを使った占い
  • ダウジング
  • 易(えき) など

おみくじ花占いも「卜術」に含まれます。

 

「相(そう)」目に見える姿や形を使って吉凶を占うもの

相術(そうじゅつ)、相占(そうせん)と呼ばれています。

ものの形や目に見える姿を使って占う方法です。そのものの吉凶や状態、運勢などを占うのに適しているとされています。形そのものを変化させることで”開運“することができるとも考えられています。

  • 手相占い
  • 人相占い
  • 姓名判断
  • 風水 など

夢占い家相なども相術に含まれます。

 

初めての占術は何を覚えるべき?

さて、ここまでで占いは大きく3つに分類できることがわかりました。

占い師としてやっていきたいと考えているのであれば、「命」「卜」「相」をそれぞれ1つずつは覚えておくほうが良い、というのが多くのプロ占い師の考えです。
ですが1つの占術を深く学び、それだけで生計を立てている方もたくさんいます。

もし、あなたが「この占い方に興味がある!」というのがハッキリしていないのであれば、占い初心者が始めやすいのは「卜占でしょう。

タロットカードや、ルノルマンカードなどを使った占いがそれにあたります。

特にルノルマンカードは初心者の方にも本当におすすめなので、今後このブログでは占い方やカードごとの意味などをどんどん発信していこうと考えています。お楽しみに!

私が「ルノルマンカード占い師講座 」を自信を持っておすすめする理由こんにちは!ルーシー@LucyOno_ftです! 私は先月(2019年6月)の頭からチャット形式の「ルノルマンカード占い師講座」を...